人気ブログランキング |

Calfman Japan Duathlon GP 南関東シリーズ@立川

花小金井支部です。
d0104137_0135359.jpg

週末は立川の昭和記念公園で開催されたCalfmanのデュアスロン・グランプリ南関東シリーズ兼 日本学生デュアスロン選手権に参加してきました。
Calfmanってあまり馴染みではないかもしれませんが、日本全国を6つの地域に分け、一年間に渡り開催されるデュアスロンのシリーズ戦です。

もちろん、参戦するクラスはMTBクラス!
ブランニューのマシンをシェイクダウンさせる炭素さんも同じクラスで参戦です!
d0104137_0263025.jpg

レース・ディスタンスは、最初はラン(舗装路)が5km、次にMTB(舗装路)20km、最後にラン(舗装路)を5kmの合計30km。

当初の作戦?予定としては、最初のランが、
①出来るだけ先頭グループが見えるぐらいのところのポジションを取る。
②先月のレースで10kmロードで45分で走れたので20分ちょっとで走りきるよう、若干無理しても付いていく。

バイクパートは、
①MTBにさっぱり乗っていなかったけどなんとかなるだろうという希望的観測のみで、最初のランの疲労を取るよう、ペースは控えめ。控えたペースだが順位は落とさない。
②かつ、あわよくば順位アップと最後のランに向けて体力の温存を図る。

最後のランで、
①おそらく余裕は全くないと思うので、とにかく前へ!

と、夏休み前の小学生ような予定ですが、とにかくこれでスタート♪

トライアスロンのレースのようにエアホーンでスタート!
したのですが、風邪が治ってなかった・・・、リラックスしながら走る炭素さんに最初の2kmぐらいは付いていったのですが・・・。
鼻呼吸が出来ない状況でのキロ3分台のペースは辛すぎ。
予定は早くも狂い、多分7位ぐらいでバイクパートへ。
d0104137_0534569.jpg

MTBで挽回するか!と思いペダルをこいだら、ランの時には気にならなかった暴風が~。
「ペダルこいでも進まな~い」特に北に向かうときは向かい風で・・・。やっぱり、タイヤがブロックタイヤのミブロ2.1では走りが重く、ロードレーサーの人にバンバン抜かれます。ここでも予定通りに行かず、おまけにペースの速いロードレーサーの人のペースについていったらふくらはぎに違和感が・・・。せっかくエア抜きしてコンディション整えたカーティス・XC100(T45)のポテンシャルを全く発揮できずに、バイクパートを終えます。
d0104137_0534888.jpg

ほうほうの体で最後のランです。多分、この時点で4位か5位ぐらいだったと思いますが、余力は全く残っておらず、自分でも感じられるくらい走るリズムも変です。もう、脚のふくらはぎも太ももも攣りそうです・・・。ジョグのような情けないペースは、何かの法案に反対する野党の牛歩戦術のよう・・・。望まない牛歩戦術で走っていたら折り返し地点前で、先導車に導かれながら走る炭素さん発見!!
「ト・トップだ!」 やるなぁと思いながら、ちょっと自分も頑張らねばとゴールを目指します。とはいっても、脚を前にだすと攣りそうなので、常にふくらはぎと太ももと相談しながらの、抜かれまくりのランです。

「フィニッシュ!」
長かったレースもゴールテープを切って、や~っと終わりました。結局、最後のランで何人かに抜かれて6位か7位?。炭素さんは最後の最後で抜かれて残念ながら3位?でフィニッシュ!それにしても、さすがの走りですね~。
d0104137_0524399.jpg

終わった後も、強風の中、ふくらはぎと太ももをピキピキ言わせつつ、レース前に立てた予定はなんだったのかと激しく自問自答しながら、次回の優勝を目指してプレ祝杯をあげつつ帰路へと。でも、楽しかったから良いか。
次はもうちょっと頑張ります!特にバイクパートで!!
by curtis-japan | 2009-02-09 01:02 | レース&イベント
<< 黒川です。 よくある質問  『カーティス』... >>