<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

緑山5月定期戦 (薄井)

d0104137_22222782.jpgこんにちは、薄井です。

5月20日(日)、YRさんと5月緑山定期戦に参戦してきました。

今回は珍しく、当日も前日も晴れ、コースもベストコンディションです!


d0104137_22245222.jpgチョコレート色のカーティス・レースライトを駆るYRさんは、3年ぶりの緑山のレース。以前はガールズクラスがありましたが無くなってしまったので、ノービス14オーバークラスでの参戦でした。

3年ぶりという事でスタート時のゲートスタンディングに不安を感じていた様子。

目標はスタンディングでスタートする事。

自分は前回から試しているスタートが、参戦4年目にして初めて「これか!」っていい感覚。

コースオープンでもゲートにタイヤが乗る位のタイミングで、自分なりにいい反応しているかなと感じました。

数本走って終了。

YRさんの14オーバークラスは8名フルゲートの1モト。
自分の30オーバークラスも8名フルゲートの1モト。

各一人予選落ちです。



d0104137_22253952.jpg≪YRさん1本目≫
なんとかスタンディング状態でスタート。
男性に混ざっての女性一人だけでしたので、ちょっと厳しそう。1ストレートで離され8位で1バーム。2ストレート以降少しずつ離されてしまい、8位でゴール。

≪2本目≫
1本目よりスタンディングが安定してきていましたが、8名フルゲートでしたので両隣のライダーのプレッシャーを感じている様子。

スタート後8番手でしたが1本目より離されていません。1バームに向かって追いつきそうなスピードです。
そのまま、落差の大きい2ストレートでは男性の漕ぎ力には及ばず少しずつ離されてしまい8位でゴール。

≪3本目≫
スタンディングかなり安定してきました。

スタート直後は7位のライダーのサイドバイサイドと検討。が、前方のライダーがヨレてしまい、それが視界に入ったか引いてしまいました。

先程引き離された2ストレートでは、離されずに同じ距離を保ちながらプッシュ。

惜しくも追いつけずに8位でゴール、残念ながら予選敗退。


d0104137_2226759.jpg≪薄井≫
今回激しい戦いでしたのであまり鮮明に覚えていません。

≪1本目≫
4ゲートスタート。メンバー的に激しい戦いになりそうと思ってましたが、スタート直後から予想通りの団子状態で1バーム。

6番手位で2ストレート。とにかくストレス無くプッシュプル出来る様にしたかったので、前方にライダーのいなかったセンターに。

インとアウト両脇スレスレにライダーがいましたがうまく加速出来て、2バーム入りで両脇のライダー二人をど真ん中からパス(今日のここ一番)。

3ストレートで前が詰まりパス出来なかったので、4ストレートでアウトに振り加速し4バーム入りで一人パス。

漕ぎをいれるも前のライダーに半馬身届かず3位でゴール。



d0104137_2240057.jpg≪2本目≫
1ゲートスタート。
一番イン側なので、ここは1位でバームに入りそのまま引き離してゴールしたい所です。

が、気が焦りゲートが開く前に早く反応しすぎて、ゲートで詰まり出遅れ・・・。4位位で1バーム。

2ストレートではサイドバイサイドでアウト側から強引に2バームで被せました。しかしアウト側に押し出されコースアウトギリギリ。
なんとか耐えるも失速してしまい、追い付くはしてもパスまでには至らず、そのまま4位でゴール。

≪3本目≫
7ゲートスタート。
アウト側なので1ストレートでなるべくリードして1バームに入りたかったんですが、スタート直後の漕ぎで遅れ、さらに8ゲートのライダーの肘とハンドルがぶつかり、お互い「ウォー!」「あぶねー!」と何故か半笑いで叫びながら、絡んで仲良く?1バーム。

そのまま順位わからず、もみくちゃの接近戦で3バームまで。

4ストレートでアウトに振って1人パス。

4バームでもう一人前のライダーに外から被せるも、バームの頂上まで立ち上がりで押し出され、バーム立ち上がりの頂上ってこんなに狭いのね!って身をもって確認。

コースアウトしそうだったので、思わずフルブレーキ。バーム頂上尾根で完全ストップしてしまいました。
数名にパスされて気づけば最下位。8位でゴール。

3-4-8位で4位で予選通過。


d0104137_22282757.jpg≪決勝≫
4番目のゲート選択権。

4ゲートを予測してましたが、1、2、4ゲートが埋まっていて、まさかの3ゲート空き。思わず3ゲートを選択しましたが、両脇はスタートが速く、いろんな意味で激しい方々。

スタートは案の定引き離され両脇のライダーが目の前で絡み合ってます。

2ゲートだったライダーがバランスを崩し転倒寸前。右に逃げようとしましたがスペースが無くフルブレーキ。

前のライダーの転倒を見てしまって視線がロックオン。トレイルでもそうですが、行きたくない方を何故か見てしまってそっちに向かってしまう。

避ける事も止まる事も出来ず、突っ込んでしまい多分何回転かしてテーブルトップ頂上で四つん這い(後で画像みましたが、MCタワーに向かってお祈りしてました)。

たしかボトムで転んだよなぁ、と一瞬、ここは何処??

我に帰って、転倒した二人で大丈夫?って声掛け合いケガが無さそうだったので再スタート。

なんかシューと音がしていると思ったら、フロントタイヤのパンク。

で、本日のレース終了。


d0104137_2228455.jpgレースライトを担いでコースを横切り、拍手で迎えられるゴールって何回したんだろ・・・とシクロクロススタイルで最下位ゴール。

今回今までで一番の激戦レースだったかもしれません。

自分の中で最終兵器でとっておいたビンディングペダル。今回程使ってなくて良かったと思ったレースはありませんでした。そして「ビンディングペダルは使わない」と決めました!

YRさんはレース感覚が少し戻って来たみたいで楽しいと言ってましたし(ガールズクラス復活強く希望します!)、自分もケガ無く、何気に楽しいレースでしたので、良い1日でした♪

最近感じているのが、確実に身体の反応が鈍くなってきているなという事。

町内会運動会で、気持ちと体が連動せずに、足がからまって転んでいたおじさん達。今ならその気持ちわかります。 大爆笑してしまってゴメンなさいm(__)m

あと、ナカザワジム杉さま、応援&画像ありがとうございました!!
[PR]
by curtis-japan | 2012-05-29 22:40 | 薄井選手ライドレポート | Comments(0)

リフレッシュ!

d0104137_20575415.jpgこんにちは、薄井です。

昨年の12月からカーティスジャパン様のご好意で、黒川くんの乗っていたレースライトのプロトタイプを使わせてもらっています。

プロトタイプはチェーンステーが20mm短く、ダウンチューブがカーティスXC用の細いパイプになっています。

自分のレースライトと色が同じなので、言わなければ気づかないかな?と思ってましたが、「なんかキレイになった?」 と言う人や、「まったく違うじゃないですか!」 と皆さんの鑑識眼には感服です。

乗り味もかなり違い初めは戸惑いましたが、最近は慣れてきていい感じです。今まででしたら、プッシュプル時にリヤタイヤが後ろにあるなと感じていたのが、明らかにお尻の下にリヤタイヤがあり、とっさ時のコントロールがしやすくなりました。

切り返しの細かいトレイルでもヨイショと切り返していたのがサラっと曲がれる様になりました!

影響が大きいのがダウンチューブ、確実に軽くなっているのが分かります。これまたプッシュプル時になりますが、ズゥンと加速していたのが、スゥッって感じです(例えが微妙ですいません)。

緑山定期戦でも、今までより加速感が増して、前を走るライダーを楽にパスすることが出来ました。

そして、去年カーティスジャパン様よりレースライト試乗車をお借りして、いつも行動を共にしているYRさんと乗った所、「カーティスに乗りたい!」 と。自分の乗っていたレースライトがタイミング良くあいたので、YRさん用に組む事になりました。

キズだらけだったので、どうせならリフレッシュして好きな色(誰も塗っていない色)に塗ろうとチョコレート色になりました♪ 友人から譲ってもらったり、YRさんの所有パーツ、こんなのいつ買ったっけ?な自分の在庫パーツでなんとか組む事が出来ました。

これで、チョコレースライト、プロトタイプレースライト、白XC、と3台体制になりました。

自称カーティス好き人間としては、贅沢で有難い話しです。カーティスジャパン様、有り難うございます。

緑山には2台のレースライトを持って行く予定なのでプロトタイプとの乗り比べ面白いと思います、気軽に声をおかけ下さい。

今後も、いろいろなレースイベント、富士見パノラマ等に出没すると思いますのでよろしくお願いします! (遅いのであおらないで下さい)。
[PR]
by curtis-japan | 2012-05-20 21:03 | 薄井選手ライドレポート | Comments(0)

連休中 腰の状態は?

d0104137_21532388.jpg花小金井支部です。

東京は天候荒れ荒れの連休でしたね。

その中の数少ない晴れの日には走りたかったのですが、いつもの腰痛が・・・

用意した補給食をベッドの上で食べるとは思いませんでしたが、外に食事に出られないほど悪化した状況だったのである意味、不幸中の幸い。

d0104137_21574355.jpg6日(日)はなんとか動けるようにはなったので近所を軽くライド。

こんな時にはストロークの余裕があるXC-LTは良きパートナーです。

メッシュホースなのに微妙な効きのHOPEのブレーキも気にならず。

d0104137_21595227.jpgやはり、HOPEの削りだしキャリパーはカッコイイ♪

d0104137_2203433.jpgSRAM XOは小気味よいタッチで変速出来、走るのが楽しくなります。

d0104137_222259.jpgHOPEのリアハブのラチェット音は走る気分を盛り上げてくれますが、今日は自重して走って。

まあこんな時もあるのかと、次回はきっちり走れるようにメンテだけはしっかりしておきます!
[PR]
by curtis-japan | 2012-05-06 22:11 | トレイル・ライド | Comments(0)