<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

tamaにはレース観戦

皆さんこんにちは 本日はツールド多摩レースレポートです!といっても走行写真なくて
寒いのでテントの中と表彰式のみで どうもすみません(だれの真似でしょう?)

オーバー35は巨匠がトップ!花様~~~!テラでは写真お願いします
よく見れば皆さん鉄馬乗りが表彰台を独占しております!鉄はアメには弱いがカラダには優しいのか?!
d0104137_20131537.jpg

せっかくだからウーマンもあげておきます!ミキ~さんおめでとうございます 鉄が欲しくなった時ご連絡ください 笑
d0104137_20133317.jpg

そして管理人は施設内のホースクラブに立ち寄り中を見せてもらいました。馬に触れてはいけませんとゆうので触れることは出来ませんでしたが 目の前でお馬さん達を拝見しておりました! 相当大きいです!かなり惚れてしまい欲しいかもしれません 

アイアンホースではなく生の馬ですよ!すばらしいフォルムでした! 皆さんレポートお願いします 黒君のゴール後のドロドロの姿を写真に撮らず 下手こきました・・・・ 皆さんまた秋に参加お待ちしております! ラダー希望の管理人より 
d0104137_20135082.jpg

[PR]
by curtis-japan | 2008-05-31 20:20 | レース&イベント | Comments(2)

マラソン大会@調布・味の素スタジアム

花小金井支部です。
d0104137_101185.jpg

マラソンが得意です!
d0104137_104310.jpg

すいません、ウソです・・・。カーティス・ジャパンとしての数少ないサポート活動として母校の長距離ブロックを応援し始めて5年ちょっと自分も走ってみようかと思い、週末は10kmのチャリティ・マラソンにカーティス・ロードで自走して参加してきました。
d0104137_134457.jpg

長距離は大の苦手で今まで生きてきましたが、歳をとると嫌いな食べ物も食べれるようになったり変わってくるものですね。とは言え、学生時代は1500mでベストが6分40秒とサッカーをやってきた人間としては、ありえないぐらいの遅さ。なまじ短距離がまともに走れた分だけ、中学時代からコーチによく怒られてました(50mで6秒5、100mで12秒2ぐらいだと思う)。校内マラソン大会も「関取」とあだ名される友人とほぼ同じ順位・・・
d0104137_1452.jpg

そんなバックグランドゆえに、初めて出るマラソン大会は万全の体制でと思い4月に入ってからジョギングを始めたのですがちょっと走ると股ずれが・・・、も少し走ると乳首から出血でウェアが真っ赤に・・・。で、まともに走ることが出来ず、おまけに前日は深夜2時過ぎまで飲んでいて二日酔いと寝不足で初レースを迎えることに。ひとつ出来たことと言えば、脛毛剃ったくらいかな。
d0104137_142858.jpg

会場は調布にある味の素スタジアムのグランドとその周囲の道路を走るコース。体調が最悪だったのでアップもせずにスタートラインへ。しかしあまりに多くの参加者のためスタート位置はまったく見えず。当日の天気が良かったのは歓迎でしたが、昼過ぎのスタートのため、気温が徐々に緊張の度合いに比例して上がっていきます。ついに号砲一発でスタート!しましたが、なかなか動き始めません、というか右にも左にも行けない状態で護送船団のように進みます。グランドも2周するぐらいからだいぶバラけて走りやすくなってきましたが、冷静に自分の体調を量ると、横っ腹がイタイ・・・。速いペースで入ったわけではないのに、恐らくキロ6分ぐらいのペースでもツライ状況。

リタイヤは絶対したくなかったので、ペースを落として抜かれまくりながらなんとか走る、というか歩くのに毛が生えたぐらいで移動。ほぼウォーキング・ペース。
後ろの方には、仮装している選手が多いんですね~、メイド服を着たおっさんやら、犬やパンダのカブリモノ、亀仙人のコスチュームを着た人やら。「そういう人に抜かれるのはツライなぁ」と思いつつ走っていたら、いつの間にか横っ腹が復活!「これはGOのサインだ!!」と思い4kmぐらいからペースをグッと上げて前を目指します。
d0104137_145325.jpg

5km過ぎから全体のペースも落ちてきて、抜かされる人より抜く人の方が多くなってきて、自分のペースもさらに上がっているような爽快な走りで後半を迎えますが、ひなたを走る時が暑い・・・。給水は取らない予定でしたが、我慢できず水を取ったら一気に水が口の中に入ってきて、あやうく陸上で溺死に。
自転車のボトルとは違うことを痛感・・・。おまけに体も熱くなっていたので首元から水を掛けたら、着ていたカーティス・ジャージが濡れて重くて、重くて。
クロカンジャージはぴったり体についているけど、ルーズなカーティス・ジャージは重くなるし、短パンは重くなって脱げそうになる。もともと長袖着て走ったのが体が熱くなった原因か?
d0104137_152657.jpg

そんな給水での出来事でリズムが狂い、ラストの2kmぐらいはぶり返して来た二日酔いとともに真っ直ぐに走るのもツライほど。
フラフラしながら終盤がんばっていたら、どうみても60過ぎのピッチも軽やかなおじさんに軽~く抜かれ、「ここで離されたら初レースで嫌なイメージが残る!」と思い必死で追うもなかなか追いつけずにゴールのある競技場の中へ。かなりヒザも痛く、呼吸も乱れて上体ブレブレだったけど、ゴールラインをあのおじさんより1cmでも前に入ることを目標に最後の50mをスパートのポイントに設定。
したのだが、競技場に入ってからの歓声が大きくて体が勝手に反応して残り400mぐらいあるのに、おじさんの前に~。「最後まで持つのか?」不安が頭をよぎる、おまけにちょうど走っている人が少なく、オーロラヴィジョンに映しだされて殺人ペースを落とすことも出来ず・・・。
残り50mで昔のサッカーの練習を思い出してもがきながらゴールへ。あの、おじさんより前でゴール出来たけど、一緒に行った友人からは「大人気ないと・・・。」

タイム52分。前半が悪かったのと二日酔い・寝不足と今の自分の実力を考えると納得のタイムです。次回はせめて50分は切りたいと思いつつ、冬には府中ハーフで母校の選手と一緒に走りたいなと。

でも今月末には、マウンテンバイクのレース:ツールド多摩があるから、今度はちょっと自転車に乗ります!
[PR]
by curtis-japan | 2008-05-19 01:05 | Comments(2)

『From the Past』 雑誌篇 その9

花小金井支部です。
d0104137_112494.jpg

『From the Past』はこのブログ開設以前にメディアに掲載されたカーティスを紹介している、その第9弾です。
d0104137_1123117.jpg

今回は『カーグラフィック』や『NAVI』でおなじみの二玄社さん2005年『BICYCLE NAVI』のWINTER号から。
d0104137_1125836.jpg

d0104137_1132339.jpg


46ページから51ページにわたって「冬から始めるジテンシャ通勤」のコーナーにカーティス・プロトタイプが掲載されています。

ある意味、今までカーティスが雑誌に掲載された中で最も!反響があった記事ですが・・・
ちょっとした「ウォーリーを探せ!」みたいなもの??
多くは語らない方が良さそうなので、もしお手元に雑誌があれば、ご確認を。

ちなみに、掲載されているプロトタイプは残念ながら試乗不可です、あしからず・・・
[PR]
by curtis-japan | 2008-05-12 01:16 | 雑誌掲載&メディア | Comments(3)

またまた試乗車 NEW!

花小金井支部です。
d0104137_2337416.jpg

過日ご連絡した通り、スーパークロスの試乗車を完成させました。もちろんカラーは純正色ではないですが、良い感じで仕上がったと思います。

(パーツ構成)
フロントフォーク : DMR トレイルブレード フォーク
クランク、リアブレーキ・アーチ、シートポスト : シマノ XTR
ステム : アゾニック ショーティー50mm
グリップ : ODI ロックオングリップ
ハンドル : アゾニック ダブルウォール ライザーバー
ペダル : アゾニック Aフレーム
ヘッドセット : クリスキング
ハブ : シマノ XT
リム : マビック 
タイヤ : DMR モト 2.25
サドル : タイオガ マルチコントロール・ライト


例によって、かなり絶版パーツもありますがカーティスとの見た目と乗り味の相性を選んでセレクト。
d0104137_23373733.jpg

フロントフォークがイギリスで定番中の定番のDMR・リジッドなので、肩下が下がる分を相殺させるためライズのあるハンドルバーを使っています。
本来、スーパークロス・フレームは100mmストロークのフロントフォークを推奨しております。
d0104137_2338923.jpg

ヘッドセットは信頼のクリスキング。数あるロックオングリップの中でも多くのライダーがチョイスするODI ロックオングリップ。
d0104137_23384170.jpg

らしさを目指して、シンプルにシングルギア。

スーパークロスはフレームの真ん中にガツン!と芯がしっかりある、強度重視のフィーリングです。スパッとした切れ味の鋭さは、少々乗り手を選ぶきらいがありますが、バイクを乗りこなせた時・バイクとの一体感を得た時の濃密な時間は何物にも変えがたいものだと思います。

上記、スーパークロスは、いつでも試乗可能です!!

ちなみに、カーティス・サポートライダー:黒川選手のスーパークロスのインプレ
[PR]
by curtis-japan | 2008-05-06 23:41 | SX | Comments(2)