<   2007年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

私のカーティス(ついに完成?編)

年の瀬も迫ってまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか? Yu父です。
我が家の家宝?として床の間(や押入れ)に飾られ(放置され)ていたXC100
d0104137_14293750.jpg

ですが、私が風邪でヘロヘロになっている間に鉄塊鉄魂を鍛え上げるべく
さる所へ修行に出ていました。
風邪の症状も一段落したところで様子を見に行ってみると、
d0104137_14455992.jpg

オオッ?
d0104137_14463926.jpg

師匠から鉄魂を叩き込まれ、立派に成長?進化?してるじゃないですか。 正直風邪なんか一瞬でブットビました。 とりあえす店の周りを試乗してみると、想像以上に鉄ぅ~でした。 バネのようにしなるという感じではなく、追い風に背中を押されているように伸びが持続する感じです。
昨年こいつをオーダーしてからちょうど一年、とうとう乗ることが出来ました。 管理人様や花小金井支部様、そして睡眠時間を削ってまでコイツを組み上げてくれた西多摩支部様、ありがとうございました。 年末はこいつでトレイルに繰り出しますよ~。 その時はまたレポートします。
[PR]
by curtis-japan | 2007-12-29 15:28 | XC | Comments(2)

2007年度も応援ありがとうございました!

d0104137_1737231.jpg

今年も残り少なくなってきましたが、数多くのレースでのカーティス・サポートライダーへの応援ありがとうございました。充実した一年であったことは、ひとえに皆様のおかげと存じます。

明年は少し体制を変えて2名のカーティス・サポートライダーでレース、イベント等で頑張って行きます。

・黒川優樹選手 (4X専用プロトタイプ・フレーム) JOSF定期戦(緑山)、SMX他
・墨崎大輔選手 (XC100フレーム) Jシリーズ・XCレース他

2006年と2007年度、サポートして参りました相澤惇選手は他チームへ移籍のため、残念ながら今年いっぱいの契約となります。今まで応援してきて頂きました皆様、ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

d0104137_17375847.jpg

2008年度はカーティスのアジア地区総輸入代理店として5年目を迎えます。
同時にこのカーティス輸入を始めるにあたって何かスタートの記念と思い、母校の箱根駅伝チーム支援の寄付を始めてきました。寄付の額はカーティスの売り上げと同じくかわいいモノですが、これもまた5年、10年と続けていきたいと思ってます。
でも、寄付を始めてから成績がいまいちなのが気になりますが...明年は干支のスタートでもありますので12年振りの優勝を!!

来年もカーティス・バイクス&カーティス・サポートライダーの応援をよろしくお願い致します!
[PR]
by curtis-japan | 2007-12-29 15:27 | Comments(0)

XC-SPRINT (Reynolds 853) フレーム・プロフィール

d0104137_2211975.jpg

<サイズ>
フレーム:イギリス製Reynolds 853 (スチール)
チェーンステイ:16.75”
シートチューブ外径:31.8mm
シートポスト サイズ:27.2mm 
ボトムブラケット:MTB用 (73mm)
シートアングル:73度
ウエイト:約1.9kg


*イギリス本国でハンドメイドで造ります、製作に約2ヶ月掛かることご了承下さい。
*なお価格、仕様は予告なしに変更させていただく場合がございます。

<オプション>
トップチューブ・サイズ:22.0”~23.5”(実寸)
*推奨サイズですがこれより小さいものはご相談下さい。
ヘッドチューブ:110mm、120mm 
ヘッドアングル:69度~74度(71度を推奨)
シートチューブ:13.0”~19.0” (BB中心点からトップチューブとシートチューブの交点)*交点からシートチューブの頂点まで2.0”
使用フロントフォーク:80mm用、100mm用、130mm用、135mmオーバー
リアエンド:MTB用 (バーティカル) 、BMX用 (トラックエンド)
リアブレーキ:ディスクマウントのみ 、カンチマウントのみ 、ディスクマウント&カンチマウント
ブレーキ・ルーティング:ケーブルストップ 、ハイドロガイド
ギア・ルーティング:ケーブルストップ 、ハイドロガイド 、シングルスピード用
ボトルマウント:ダウンチューブのみ、シートチューブのみ、ダウンチューブ&シートチューブ
シリアル・ナンバー:5文字まで入れられます。(リアエンドに英字もしくは算数字)
カラー:ブリティッシュ・レーシング・グリーン、サテン・ブラック、バトルシップ・グレー、カーティス・ブルー、Howiesブルー、カーティス・ホワイト、クリア・ラッカー(注:クリア・ラッカーのみアップチャージ約20ポンド)

T45スチールがアイデンティティのカーティスの中で唯一のレイノルズ製パイプを使ったモデルです。レイノルズ853を使用しておりますが、カーティスの乗り味は色濃くこのフレームにも受け継がれています。
ロッキー・ブリザードやブードゥー・ビサンゴのようにしなるという印象より加速性能に趣きをおいた味付けで、その軽さと相まってロータスなどのブリティッシュ・ライトウェイト・スポーツカーのように小気味良いライディングが時間を忘れてトレイルで乗り続けてしまう、自分の年齢を忘れて童心に戻ってマウンテンバイク本来の楽しみ方を思い出させてくれるフレームです。
[PR]
by curtis-japan | 2007-12-22 22:12 | その他 | Comments(0)

XCシリーズ (T45) フレーム・プロフィール

d0104137_227552.jpg

<サイズ>
フレーム:イギリス製T45ライトウェイト・チューブ (スチール)
チェーンステイ:16.75”
シートチューブ外径:31.8mm
シートポスト サイズ:27.2mm (内径のサイズは30.0mmですがシムを使い27.2mmが使えるようにしております)   *USE製アルミシム標準装備
ボトムブラケット:MTB用 (73mm)
シートアングル:73度
ウエイト:約2.3kg
推奨用途:オールマウンテン、クロスカントリー


*イギリス本国でハンドメイドで造ります、製作に約2ヶ月掛かることご了承下さい。
*なお価格、仕様は予告なしに変更させていただく場合がございます。

<オプション>
トップチューブ・サイズ:22.0”~23.5”(実寸)
*推奨サイズですがこれより小さいものはご相談下さい。
ヘッドチューブ:110mm、120mm 
ヘッドアングル:69度~74度(71度を推奨)
シートチューブ:13.0”~19.0” (BB中心点からトップチューブとシートチューブの交点)*交点からシートチューブの頂点まで2.0”
フロントフォーク:80mm、100mm、130mm、135mmオーバー
リアエンド:MTB用 (バーティカル) 、BMX用 (トラックエンド)
リアブレーキ:ディスクマウントのみ 、カンチマウントのみ 、ディスクマウント&カンチマウント
ブレーキ・ルーティング:ケーブルストップ 、ハイドロガイド
ギア・ルーティング:ケーブルストップ 、ハイドロガイド 、シングルスピード用
ボトルマウント:ダウンチューブのみ、シートチューブのみ、ダウンチューブ&シートチューブ
シリアル・ナンバー:5文字まで入れられます。(リアエンドに英字もしくは算数字)
カラー:ブリティッシュ・レーシング・グリーン、サテン・ブラック、バトルシップ・グレー、カーティス・ブルー、Howiesブルー、カーティス・ホワイト、クリア・ラッカー(注:クリア・ラッカーのみアップチャージ約20ポンド)

2004年、イギリスの「BIKE SHOW」でクロスカントリー・フレームを開発しようと話したのが始めでした。
イギリスのそれほど急峻でないトレイルはどこか日本の里山をほうふつさせ、コンセプトは日本発信、テストライドはイギリスのトレイルといった背景を持って1年後にこのフレームが誕生いたしました。日本のトレイルをライディングしているとき、遠く離れたイギリスのトレイルの雰囲気を感じさせるこのフレーム。
しなやかさを合わせ持ちながらコーナーで加重を掛けていくとフレームが適度にしなり、出口では気持ちの良い伸びが持続。T45スチールならではのフィーリングを楽しむことが出来ます。

cyclewiredさん掲載 カーティスXC(T45)インプレッション
[PR]
by curtis-japan | 2007-12-22 22:09 | その他 | Comments(0)

Racelite フレーム・プロフィール

d0104137_22141891.jpg

<サイズ>
フレーム:イギリス製T45カスタムチューブ (スチール)
シートチューブ:13.0” (BB中心点からトップチューブとシートチューブの交点)
チェーンステイ:16.8”
BBハイト:12.2”
シートチューブ外径:31.8mm
シートポスト サイズ:27.2mm (内径のサイズは30.0mmですがシムを使い27.2mmが使えるようにしております)   *USE製アルミシム標準装備
ヘッドアングル:70度
シートアングル:73度
ウエイト:約2.3kg
フロントフォーク:4インチ・ストロークのフロントフォーク推奨。
推奨用途:4Xレース


*イギリス本国でハンドメイドで造ります、製作に約2ヶ月掛かることご了承下さい。
*なお価格、仕様は予告なしに変更させていただく場合がございます。

<オプション>
トップチューブ・サイズ:21.25”、 21.75”、 22.25” (実寸)
ボトムブラケット:MTB用 (ユーロBB) 、BMX用 (アメリカンBB)
リアエンド:MTB用 (バーティカル) 、BMX用 (トラックエンド)
リアブレーキ:ディスクマウントのみ 、カンチマウントのみ 、ディスクマウント&カンチマウント
ブレーキ・ルーティング:ケーブルストップ 、ハイドロガイド
ギア・ルーティング:ケーブルストップ 、ハイドロガイド 、シングルスピード用
シリアル・ナンバー:8文字まで入れられます。(リアエンドに英字もしくは算数字)
カラー:ブリティッシュ・レーシング・グリーン、サテン・ブラック、バトルシップ・グレー、カーティス・ブルー、Howiesブルー、カーティス・ホワイト、クリア・ラッカー(注:クリア・ラッカーのみアップチャージ約20ポンド)

イギリスで高い評価を持つSuperXと同じジオメトリーを採用し、パイプの肉厚を変えて約600gもの軽量化を達成。
4Xレースでのスタートからのひと踏み目とふた踏み目に至るところでの加速の伸びは圧倒的です!

●カーティス・サポートライダー:黒川選手のインプレッション

●サイクルショップ・ナカザワジム@東京・瑞穂の店長:中沢さんのインプレ
[PR]
by curtis-japan | 2007-12-22 21:18 | その他 | Comments(0)

Super X フレーム・プロフィール

d0104137_21111346.jpg

<サイズ>
フレーム:イギリス製T45カスタムチューブ (スチール)
シートチューブ:13.0” (BB中心点からトップチューブとシートチューブの交点)
チェーンステイ:16.8”
BBハイト:12.2”
シートチューブ外径:31.8mm
シートポスト サイズ:27.2mm (内径のサイズは30.0mmですがシムを使い27.2mmが使えるようにしております)*USE製アルミシム標準装備
ヘッドアングル:70度
シートアングル:73度
ウエイト:約2.9kg
フロントフォーク:4インチ・ストロークのフロントフォーク推奨。
*6インチ・ストローク推奨のSuper X LTも有ります。
推奨用途:ダートジャンプ、ストリート

<オプション>
トップチューブ・サイズ:21.25”、 21.75”、 22.25” (実寸)
ボトムブラケット:MTB用 (ユーロBB) 、BMX用 (アメリカンBB)
リアエンド:MTB用 (バーティカル) 、BMX用 (トラックエンド)
リアブレーキ:ディスクマウントのみ 、カンチマウントのみ 、ディスクマウント&カンチマウント
ブレーキ・ルーティング:ケーブルストップ 、ハイドロガイド
ギア・ルーティング:ケーブルストップ 、ハイドロガイド 、シングルスピード用
シリアル・ナンバー:8文字まで入れられます。(リアエンドに英字もしくは算数字)
カラー:ブリティッシュ・レーシング・グリーン、サテン・ブラック、バトルシップ・グレー、
カーティス・ブルー、Howiesブルー、カーティス・ホワイト、クリア・ラッカー(注:クリア・ラッカーのみアップチャージ約20ポンド)


*イギリス本国でハンドメイドで造ります、製作に約2ヶ月掛かることご了承下さい。
*なお価格、仕様は予告なしに変更させていただく場合がございます。

カーティスのMTBラインナップの中でも一番歴史があるモデルです。

カーティスというコアなイメージからトリッキーな乗り味のイメージですが、違和感の無いナチュラルなライディング・フィールであると試乗された方から良く聞きます。これはどのモデルにも共通する意見ですが素足でウッドデッキを歩くような心地よさとダイレクトに路面の感覚を掴める所も大きな特徴です。

他のモデルより剛性を持たせ、ダートジャンプなどでの安定性、加速性は特筆するものがあります。目新しさを狙って奇抜なデザインを用いず、長く付き合えるオーソドックスなデザインは
「イギリスのマウンテンバイクの良心」とも言われる由縁です。

カーティス・サポートライダー:黒川選手のインプレッション
[PR]
by curtis-japan | 2007-12-22 21:15 | その他 | Comments(0)

雑誌掲載のお知らせ  『BiCYCLE CLUB』 1月号

d0104137_0134066.jpg

今月12月20日に発売されたエイ出版社さんの『BiCYCLE CLUB』の1月号、140ページから141ページに“CURTIS XC100 ロングタームレポート”が掲載されております。筆はいつものピンクです。
一足先に雑誌は2008年ですが、ロングタームレポート今年の集大成としてぜひ読んでみて下さい!
d0104137_014153.jpg

『BiCYCLE CLUB』はお近くの書店で絶賛発売中です、ぜひ!!
[PR]
by curtis-japan | 2007-12-21 00:15 | 雑誌掲載&メディア | Comments(2)

雑誌掲載のお知らせ 『MTB オールカタログ 2008』

d0104137_05258.jpg

今月12月17日(月)に発売されたエイ出版社さんの 『MTB オールカタログ 2008』 の62ページに “SUPER-X、RACELITE 26、XC-100、XC100 SPRINT” の4台が掲載されております。撮影車両はいつものと新しく試乗車にしたものを撮影して頂きました。

掲載車両は試乗可能(フォーミュラOROもマスターシリンダーとピストンをオーバーホールしたので快調です!)ですので、ご興味あればこのブログにでもコメント頂ければと思います。

『MTB オールカタログ 2008』はお近くの書店で絶賛発売中です、ぜひ!!
[PR]
by curtis-japan | 2007-12-19 00:12 | 雑誌掲載&メディア | Comments(0)

レース参戦 (アミノカップ@相模湖 in 神奈川県)

d0104137_02562.jpg

12月とは思えないほどの冬日和の中、アミノカップの2時間エンデューロにソロで参戦。
先月から多摩レース、先週は某アパレルメーカーの方たちと終日トレイルに行ってきているので
いつになくライディング・コンディションは良かったはずだったのですが...

今週に入って、忘年会、そして忘年会、また忘年会の連続で体調不良へ...おまけに前日も
飲みに行っていたので、寝不足&二日酔い&風邪でレースに臨むはめに。
今回乗ったのは、XC100スプリント(レイノルズ853)
d0104137_032448.jpg

レースも始まってから1時間で鼻から呼吸できなかったつけで、喉に激痛。あまりにやばい状況に、これはまずいとピットへ。ええ、ほとんど声が出なくなりました...。ピットインする直前には「カーティス格好良いですね~」と走りながら声を掛けてくれた水色のインテンスの人が。嬉しかったのですが、もう私には返事をするだけの喉を持ち合わせてませんでした。この場を借りて、お詫びと感謝を。「ありがとうございます!今度、試乗して下さい!」
d0104137_04737.jpg

そんなこんなで、リザルトは気にもならないので確認してません。
いつもお世話になっているナカザワジムさんのお客さんは表彰台独占!いつものトレイルライドの成果ですね。
私ももうちょっとトレイル行くようにします...

あと、ナカザワジムさんのテントで出してくれた豚汁とカレーおいしかったです!ありがとうございました。
また、Y氏のお姉さんのスパイシーなパエリアありがとうございました。むかし行ったマヨルカ in Spainを思い出すほどの素晴らしさでした~
最後に参加された皆様、お疲れ様でした!次回もぜひ!
[PR]
by curtis-japan | 2007-12-10 00:06 | レース&イベント | Comments(4)

私のカーティス (床の間編)

ご無沙汰しております、Yu父です。 今まで忘れた頃にカーティスライダーのレースの観戦レポートなどをアップしたりしていましたが、私もカーティスオーナーの端くれ、XC100を所有しています。 今回は私のXC100をレポートしたいと思います。
私がXCをオーダーしたのは、昨年の12月末でした。 ロッキーマウンテンのFusionを友人に譲ってしまい、スラバイとFRバイクしかなくなってしまった私は、近所のトレイルを走れるクロカン系フレームを物色していました。 せっかくだからアルミ製のFusionとは違う、スチールフレームをと思い、CoveのHandjobや同じロッキーのHammerやBlizzardなんかを考えていました。 カーティスというフレームがあるのは知っていましたが、ハードテールのスチールフレームとしては高価なことから候補には入っていませんでした。 しかし、Coveやロッキーのフレームはサイズが合わなかったり、在庫がなかったりと巡り合わせが悪く、購入するまでには至りませんでした。
そんな時、ナカザワジムの店長から、07年度からカーティスの各フレームが値上げする事が決まったが、12月中にオーダーを入れれば旧価格でOKということをを聞きました。 正直何日か悩みましたが、1)職人によるハンドメイドであること、2)一生もののオーダーフレームであること、3)T45というカーティスの特色でもあるパイプがいつまで手に入るか分からないこと、そして4)今買えば値上げ分節約できることなど(これが真の1番か?)の理由により、オーダーに踏み切りました。
肝心なフレームのジオメトリは、ハードテールオールマウンテンバイクでお願いしますとしたところ、管理人さんシグネチャーとなりました。
そんなこんなで約3ヵ月後、うちにやって来たのがこのフレームです。
d0104137_21193097.jpg

この控えめなたたずまい、サイコーですね。 カラーはエンスーな車が好きな私としては、やはりブリティッシュレーシンググリーン!!! その後8ヶ月、たっぷりと楽しませてもらいました。 そして現在のマイXCの状態は、
d0104137_23353843.jpg

… すいません、実はフレームをオーダーした時点で予算が尽きてしまい、組上げる事が出来ていません(花小金井支部さまごめんなさい)。 中途半端な余りパーツ等で組上げるのは、ブライアンカーティス様に申し訳が立たないと、今まで我慢してきました。 やっと組上げられる目処がつきましたので、このレポートを書いている次第です。
ところで、納品されてから今までどうやって楽しんでいたかというと、ビールを飲みながらこの美しいフレームを眺めては、ニヤけたりウットリしたりしていました。 私は美しい溶接や切削加工製品が大好きなので、このフレームも眺めていて飽きないです。 たとえばこの辺とか、
d0104137_027429.jpg

このあたりとか、
d0104137_0281493.jpg

ハンドメイドならではの美しい仕上げです。 オーラが出ています(写真では良くわかりませんが)。 一番好きなアングルはこちら、
d0104137_0313096.jpg

ナローゲージのT45フレーム(XCとかRaceliteなど)はこの線の細さが魅力のひとつです(でも走りはぜんぜん細くないです)。 
このように、(一部の人には)フレームを眺めているだけでも十分楽しめるカーティスですが、本来の用途ではないので、このような使い方はお勧めしません。 やはり自転車のフレームですから、納得いく部品で組上げてあげて、トレイルでガンガン乗り回してあげましょう。 そうすれば飾って眺めているより何倍もの喜びをもたらしてくれるでしょう。
私も速く乗り回したいです(フォークの代理店様、早く返してくださ~い)。 組み始めたらまたレポートします。 年内に乗れると良いな~。
最後に、レアなグッズと一緒に…
d0104137_049635.jpg

 
[PR]
by curtis-japan | 2007-12-04 00:55 | XC | Comments(6)